FXの魅力の1つであるレバレッジについて

外国為替を扱うFXが近年人気がある投資方法の1つです。

様々な資産運用の方法がありますが、このFXが人気となっている理由にはレバレッジと呼ばれる特徴的な仕組みが大きな理由であると考えられています。
このレバレッジと呼ばれる仕組みは預け入れた色に対して一定の倍率の運用することができるというものであり、現在の仕組みでは最大で25倍の運用することが出来るようになっています。



例えば同じ外国の通貨を取り扱う金融サービスでも、外貨預金を利用する場合百万円分の運用をしたいのであれば百万円を用意しなければなりません。

しかし最大25倍のレバレッジを使うFXの場合には四万円があれば同じだけの運用をすることができるのです。

このような仕組みが少ない資金でも大きな利益を乱すことができるサービスとして注目を集めています。



ある程度大きなお金がなければ手を出すことが難しい開花預金とは違い、数万円から運用することができると言う点は大きな魅力です。



しかしながらこのレバレッジの仕組みはメリットだけを生み出すわけではありません。メリットを最大で25倍にした場合、同じ倍率でリスクも高まると言う仕組みを持ちます。


つまりハイリスクハイリターンな運用になるということを意味しているのです。

必ずしも良いことばかりでは無いということに意識を向けておかなければなりません。


損失についても大きく膨らむ仕組みとなっていますので、余裕資金の範囲内で運用をすると言う姿勢がとても大切になります。