FXはテクニックよりもメンタルで勝つ

FXを経験している人の多くは、「テクニックでは勝てない」と言います。


FXでは負けている人のほうが多いと言われていますが、勝っている人のテクニックを真似ている人は、高い確率で負けているようです。



「他人と同じことをしても勝てない」の逆は、「他人と逆のことをする」になりますので、オリジナルの手法を身に付けなければなりません。


FXではメンタルの弱い人は負けてしまう傾向があります。
チャートは上下しており、チャートが上がりきったタイミングでは「売り」を行い、下がりきったタイミングでは「買い」を行うのが基本です。


しかし、負けが続いていて、自分の判断に自信が持てなくなった人は、この逆の行動をしてしまうことがあります。



メンタルが弱くなってしまった人は、トレンドと逆の注文を出してしまったり、損切りがうまくできなかったり、基本的なこともできなくなってしまう傾向があります。

「他人と逆のことをする」ことが大切と書きましたが、これはテクニック面での話であり、守るべき基本的なルールはしっかりと守らなければなりません。

FXでは、個人の感覚も重要になります。

サーフィンでうまく波に乗れる人と乗れない人がいるように、FXでも相場の動きをうまくつかめる人とそうでない人がいます。



これは才能の問題ですので、簡単にどうにかなる問題ではありませんが、強いメンタルを持っている人は、どんな時でもパニックに陥らず、損失を最小限に抑える行動がとれます。