FXのリスクヘッジに利用できる海外BOとは

BOとは、バイナリーオプションの略です。

FXは購入時点と売却時点の、価格差を利用した差金決済取引です。

そのため大きな値動きがあったときほど大きな損益が発生します。



一方バイナリーオプションは決済されている時間が決まっており、その時間のレートが指定したレートよりも高いか低いかによって損益が決まります。

レートがいかに動いていようとも、取引を開始した時点で損失と利益の金額がわかっており、FXのように損益が未確定ではないというわかりやすさがあります。


FXのポジションを持っているとき、必ずしも予想したとおりに動かない局面が出てきます。
そんなときポジションを決済してしまえばよいのですが、再びポジションを持つときにスプレッド差によるコストが発生します。

そこでバイナリーオプションの出番です。

バイナリーオプションでは一時的な値動きに対して投資をすることができますので、FXで一時的に損失方向に動くと予想した場合、そちらに動くと予想したバイナリーオプションのポジションを取ればよいのです。



国内のバイナリーオプションは最低でも2時間ごとの開催となっていますが、海外では1分など、決済までの時間を短く設定することもできます。
その予想が外れてもFXで利益が大きくなりますし、予想通りだった場合は本来損失が出るはずだった値動きで、利益を出すことができます。



投資の世界では常に値動きが一定とは限りませんので、時にはこうした別の金融商品の取引を交えることによって、リスクを少なくしていくことが大切です。
時には両建てをして極端な値動きのリスクをなくすことも、成功するための取引手法として利用できます。