FXではトレンドに沿った取引が基本

FXで利益を出すには、通貨ペアの為替レートの変動をうまく捉えることが必要です。

そのためには、為替レートが現在どのような傾向にあるのかを予測することが大変重要となってきます。

FX取引において為替レートの変動を予測するためには、チャートの分析が不可欠です。チャートとは、現在に至るまでの過去の通貨ペアのレートの、一定時間ごとのデータをグラフ化したものです。

例えば、1日の終値データを使用したチャートは日足チャート、月末の終値データを使用したチャートは月足チャートと呼ばれます。

どのようなチャートを使用するかは投資スタンスにもよります。
頻繁に取引を行う方は、短期的な傾向を見るために、短いデータ間隔のチャートを使用すればよいですし、そうでなければもっと長期的な傾向を見るために、長いデータ間隔のチャートを使用すればよいです。



それぞれのチャートからは、レートが右肩上がりの上昇トレンドにあるのか、右肩下がりの下降トレンドにあるのか、あるいは、横ばいの状態にあるのかを判断できます。



そして、FXで利益を出すためには、チャートから判断したトレンドに沿って取引するのが重要です。


例えば、ある通貨ペアが上昇トレンドにあるときには、その通貨ペアを取引する際には主にロングポジションを構築するようにすれば、利益を出しやすくなります。



トレンドに逆らった逆張りは、思わぬ損失を出す原因となります。

上昇トレンドにあるときにレートが急上昇した場合、あまり深く分析せずにここが上値だろうと安易に考えてショートポジションを構築すると、さらなる上昇で大きな含み損をかかえる羽目になります。